自称Web漫画家たえの日記

酒と水泳と漫画を愛するわたくしの日記です。

母と熱海旅行

昨年に父が亡くなり、すっかり元気がなくなってしまった母。

珍しく「熱海の番組を見たら懐かしくなった。行ってみたい。」というメッセージから、今回熱海旅行に。

正直、熱海=社員旅行のメッカ、特に面白いもん無いでしょ!?と熱海をなめていた私。

 

が・・

 

 

f:id:tae5252:20200224162617j:plain

夕飯

f:id:tae5252:20200224163057j:plain

朝食

f:id:tae5252:20200224162700j:plain

サクラ

f:id:tae5252:20200224162632j:plain

 

 かもめ

f:id:tae5252:20200224162818j:plain

オン・ザ・ヘッド

f:id:tae5252:20200224162647j:plain


くそ楽しかった。

 

母と父のなれそめ・・コイバナを帰りの列車で聞いた。

そうそう、私は「ビュー踊り子」が好きだと思っていたが、

最終的に、好きなのは「踊り子」であった「ビュー」の必要はない。

ビューはかっこいい列車が来る。

普通の踊り子は昭和な列車が来る。だけど空いている。宴会好きがいる可能性高し。

 

帰りの列車は普通の「踊り子」

 

母から聞いた父とのなれそめ。

 

どうやって出会ったか?時は昭和42年くらいでしょうね。

母は看護学校生、父は学生、お互い寮に入っていた。

そして父の寮主催のパーティで母の寮も参加することになり、

お互い参加しろ、という先輩の命令で参加することになった。

 

母は母の父から与えられた、ブルーの服を着て行った(※)。

背が高くスタイルが良い、髪はショート、ブルーの服を着ていた母は若干目立っていたらしい。

※母の母は妾、父は議員さんで超厳しかったとか。その父から逃れたいために看護学校の寮に入っていた。

 

ダンスを知らない母、

誘いの男性が来る。

1人目の誘いはパスしたが、次に誘われたわが父には好意を持ちOK、

お互いダンスは知らないが、楽しく適当に踊っていた。

 

すると・・父の先輩が「お前譲れよ」と言う風にやってきて

パートナーが先輩に変わった。

しかし母の気持ちはここにあらず。

「神津(←我が父の苗字)が気に入ったの?」先輩が配慮してくれ、

ふたりはまた踊ることができた。

(先輩やさしい!)

 

LINEや携帯なんかない時代、お互い呼び出すことができるのは電話のみ。

 

出会いから2週間後、母は珍しく自分から積極的に父の寮に連絡をとった。

 

父も母に連絡を取るつもりでいたらしい。

 

2人は喫茶店でデート。

しかし、マイペースな父は、沈黙の時間も多かったらしい。

門限のある母は、聞きたくても聞けないことを書面にした。

それがその後、お互いの交換日記になった。

 

 

 

・・・東京駅着!

 

おいおいおい~(*´Д`)

 

 

 

www.taeland.com