自称Web漫画家たえの日記

酒と水泳と漫画を愛するわたくしの日記です。

ブランコが漕げない!?

楽しい熱海旅行の最中

遊覧船のりばへの移動中、子供が公園をみつけて遊びだす。

 

弟がブランコを漕いでいて

わたしは「いつの間にかちゃんと漕げるようになったのね~」と眺める。

 

「おれ、できないんだよね」

とつぶやく兄。

 

は!? 小学校3年生でブランコ漕げないってなに!?

 

2年前、逆上がりではなく前回りができない、と知った時と同じ衝撃だ。

 

・・・遊覧船に乗った後、また同じ公園にばあばも共にたどり着く。

 

わたし「やりなさい、ブランコ。」

 兄はブランコに乗る。

 

ほんとだ・・できないんだ。

 

ばあば「え?」

わたし「りょういち、ブランコできないの。」

ばあば「そんなことないでしょ・・あら。」

 

 わたし「おしりで押すの!足を前に伸ばす!」

 

急に指導を始めるわたしに、

「楽しい時にやめてよ!」と止める母。

 

りょういちは涙ぐみ、場の雰囲気が悪くなる。

 

とりあえずその場は終わったものの、私の中ではもやもやが止まらない。

 

帰宅後。

 

列車の中でも酒を呑んでいたが、

帰宅後も片付けながら酒を呑み、

子供たちを公園に行かせ、

ブログを書き、区民プールにでかけた。

 

休憩時間の終わった6時から、次の6時55分の休憩時間まで

泳ぎ続けた。3,000mくらい泳いだと思う。

最後の方で、またブランコの件が頭に浮かんできた。

 

行儀も悪い、字も汚い、本も読まない、その上にブランコも漕げない!?

言ってもきかない、それでいい?いいわけない!!

今のままじゃいけない!!

 

帰宅して「おかえり~」という子供たちにいきなり罵声をあびせる母。

 

あれもできない、これもできない、

言うことを聞かないでゲームはだめだ、

できるまでゲーム一切禁止!!

 

と、ゲームを高いところにあげた。

 

靴・くつした・出かけた後のおかたづけ・はるやは「いただきます」と「ごちそうさま」・りょういちは箸の持ち方とブランコ

 

課題はこんなところかな。

これを大きく書いて壁に貼って

できたらゲームを返すことにしよう。

 

鬼婆の漫画