自称Web漫画家たえの日記

酒と水泳と漫画を愛するわたくしの日記です。

昨日会った尊敬できる人

昨日はお仕事。

管理組合の打ち合わせでマンション役員AさんBさんともろもろ相談。

 

うち1名の役員Bさんの意見がとっぴょうしもない・・・。

 

どうみても無駄な清掃員の勤務時間を減らして費用を下げよう!

→変えない方が良い。

 有り難いと思っている人もいるはずだ。

 

点検で指摘が上がっているエレベーターの部品を改修しよう!

→業界団体はどこですか?

 必要かどうか聞いてみます。もっと研究をした方が良い。

 壊れてから直す程度でいいんです。

 

排水ポンプで異常が出ているから交換しよう!

→すでに異常信号が出ているなら交換はしなければならないが

 原因は突き止めた方が良い。

 交換する前に調査した方が良い。たとえ費用がかかっても。

 

物知りな方ではあるのだが、発想が奇抜で、個人的な見解なら面白いのかもしれないが、みんなで共有の財産に対してその対応はできないよ~というものばかり。

 

全てにそんな調子でどんどん時間がたつことにイライラ。

 

が、もう一人の役員Aさん。

そんなBさんにイライラする様子もなく、すべて貴重な意見としてとらえ、反論はするが、話し合いと言う姿勢を少しも崩さず、真摯に回答をする。

 

おそらく誰に対しても、こうやって対応しているだろうことが伺える。

尊敬できる人だ。それに比べて私はなんて凡人なのだろう、溜息つきそうな私はなんて心が狭いのだろうと思った。

こんな対応は「よーし、わたしも寛容になろう」と思ってできるものではない。

 

Bさんは、Aさんや私が正論を言ったところで何も聞きやしない。

「私は必要と思う!=これは必要ですよ!」なのだ。

 

ただ、エレベーターの件で、わたしがPOGだとかFM契約だとかメーカーと保守系会社のちょっとしたうんちくを話したら

「そうなんだよ!」と喜ばれた。

 

「君、わかってるね!」

と思ってもらえれば、気持ちも和らいで聞いてくれる気がする。

知識ある信念深い人にはこれしかないかも。

 

突拍子の無い意見には、

蘊蓄で返す。これでいこう。

 

Aさん、ありがとうございました。

人の意見を尊重する姿勢、尊敬します。

 

 

 

たえの漫画

ほろ酔い育児日記

宜しくお願いいたします。